日本人に不足しがちな栄養素


栄養不足と聞いて、豊かな生活をしている私たち日本人のことと思えますか。

体が必要としている栄養は摂取できていると考えている人は多いですが、実際のところ、栄養が不足する局面も多いようです。

日本人の食事は、脂肪や炭水化物は十分すぎるほど摂れているのに、ビタミンやミネラルといった栄養素は不足しています。

もともと、伝統的な日本食であればビタミンやミネラルは確保できるものの、高カロリーの欧米食にシフトしつつあることが原因です。

また、野菜などの素材そのものに含まれる栄養素も減ってきています。

1本のにんじんが含有しているビタミンA量を比較すると、1950年と1980年とでは、昔の1/3になっています。

今では、食材の栄養が、さらに減っていると言われています。

緑黄色野菜をたくさん摂取しても、十分な栄養素を摂取することができないのです。

なぜ野菜に含まれる栄養が減っているかといえば、それは日本の土壌にあります。

野菜の中にある栄養とは、もともとは、土の中に存在しているものなのです。

土壌のビタミンやミネラルが減ると、私たちの体の中の栄養も不足するのです。

加工食品が増えていることも、ビタミンやミネラルといった栄養素が不足する原因のひとつです。

それほど加工食品を利用していないという人もいますが、精製された白米を日常的に食べていることも、加工といえるでしょう。

加熱をすれば熱に弱いビタミンは壊れてしまいます。

体にいい食事をしているつもりでも、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しないように、サプリメントを使うのは良い方法といえます。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。