栄養補助食品の種類


法律上栄養補助食品は、食品に分類されるといいます。

口に入るものは食品か薬のどちらかになるのが、日本の法律です。

日本で保健機能食品制度が定められたのが1991年です。

栄養機能食品と特定保健用食品という表示が認められるようになったのが、一部の栄養補助食品です。

いわゆる健康食品という表現を、どちらにも該当しないものには、使うこともあるようです。

この特定保健用食品というのは、トクホとも通称で呼ばれているようです。

認可を厚生労働省から受けた栄養補助食品の一種で、特定の保険用途の表示ができるようになったもののことをいいます。

血圧が高めの人への食品、血糖値が気になる方向けの食品、お腹の調子を整える食品などが商品化されています。

表示できるのは、認可を得た内容に基づく表記とトクホのマークです。

国が定めた規格基準にあてはまっている食品に対して表示ができるものが、栄養機能食品なのです。

一定の範囲内でビタミンやミネラル類が配合されている栄養補助食品は、食事の中で不足しがちな栄養素を効率的に補給することができます。

特定保健用食品との大きな違いは、厚生労働省の認可を得ていないという点です。

認可は受けてなくても国の規格にあてはまるものには違いありませんので、適切な栄養補給をしたい時に役立ちます。

これら2種類にあてはまらないのが、いわゆる栄養食品と呼ばれる栄養補助食品だということです。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。