機能性表示食品に指定されているサプリメント


サプリメントの中には、機能性表示食品であることをアピールポイントにしている商品があります。

ダイエットサプリメントの中には、機能性表示食品として、脂肪燃焼に役立つものであることを前面に押し出しています。

血糖値の急上昇を抑制する効果のある成分が配合されているサプリメントもあり、いずれも機能性表示食品に指定されています。

機能性表示食品の意味を理解しておけば、サプリメントを選ぶ時の判断基準にできます。

機能性表示食品の表記は、どんなサプリメントでも使えるというものではなく、裏付けとなるデータがあって、そのデータが承認されなければ、機能性表示食品にはできません。

継続してその機能性表示食品のサプリメントを使い続けることで、記載されている効果が得られると考えて構わないわけです。

そのサプリメントを摂取することでどんな効果が身体に得られるのかを、機能性表示食品なら記載してOKなのです。

サプリメントは食品として販売されているため、具体的な効能を書けないという法律がありました。

そのため、効果の程度がはっきりとしないという問題があったわけです。

こういった機能性表示食品としてのサプリメントなら、毎日継続して摂取することによって、体調向上などの効果を期待することができます。

サプリメントは食品の補助として使うものなので、薬のような副作用が起きにくく、継続して使っていられるという長所があります。

サプリメントを選ぶ時には、機能性表示食品があるものがたくさん登場するでしょう。

現時点でも多くの人がサプリメントを利用していますが、機能性表示食品の仕組みによってサプリメントへの信頼性が高まることで、品質への信頼度も高まることが期待されます。























コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。