食品と天然サプリメント


サプリメントで栄養摂取をする人が多くなっています。食品を使わずに栄養を得たい時には、どうすればいいでしょう。

合成成分と、天然成分、どちらかの成分でサプリメントはつくられています。

やはり、食品の代わりにサプリメントで栄養を補う目的なのであれば、合成素材のサプリメントではなく、天然のものが良いといえます。

天然素材のサプリメントがなぜ良いかというと、人間の体は常に、天然の食品を食べて栄養補給をしていたわけです。

体にスムーズに吸収されるものは、天然成分を原材料にしたサプリメントです。

合成成分の3倍の吸収力を、天然成分のサプリメントは持っていたというレポートもあります。

天然素材とは、普段の食事で口にしている身近な食品などを使っていることが少なくありません。

栄養素同士はそれぞれが個別のものではなく、いくつかの栄養素をまとめて摂取することでその機能が向上したり、効果が上がったりします。

サプリメントの原材料に天然成分を使っている場合は、合成成分から製造しているサプリメントよりも、どうしても単価が高くなってしまいがちです。

価格だけを見るとデメリットと感じられますが、体の事を考えるならば、やはり天然素材のサプリメントの方が良いと言えます。

合成素材のサプリメントは、種類によっては石油系の材料を原料としているものもあります。

本来、口に入れるべきでない石油からつくられた合成成分だと思うと、警戒してしまうという方もいるようです。

合成成分を原材料にしてつくられたサプリメントだと、副作用のリスクが全くないかといえば、そうともいえません。

もしもサプリメントを摂取したいのであれば、天然素材のものがおすすめです。

サプリメントを使っての栄養摂取は二の次で、健康を維持するためにはまず食事を改善し、栄養源を確保することが重要なことです。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。