鉄欠乏症と鉄サプリメント


体内で鉄の量が十分でない時、鉄サプリメントが役に立ちます。

食事だけでは症状改善許容期間内に体内の鉄を正常レベルに戻せない場合に鉄サプリメントは必要なものです。

第一鉄と第二鉄があることが鉄の特徴です。

第一鉄が通常、サプリメントなどで取り入れられる水に含まれる鉄です。

ただし、鉄のサプリメントは、人によっては便が黒くなったり、下痢や便秘、吐き気や嘔吐などの症状が出ることがあります。

鉄の摂取で発生する副作用をできるだけ軽減するようにしましょう。

まず推奨された半分の量から鉄サプリメントを摂り始め、徐々に推奨された量迄増やしていくというものです。

鉄の吸収量を抑えるために、回数を分けるか、別の食材と共に摂取するかなどの工夫によって副作用を軽減することが可能です。

鉄の摂取量が不足しているために貧血を起こす人は少なくありませんが、中には炎症による出血などで鉄不足に陥っている人もいます。

鉄サプリメントはあくまで体内の鉄分を補うためのものであり、炎症による出血などで鉄が失われているなら追いつけないかもしれません。

仕事や学校で調子が出なくなったり、虚弱体質である時は鉄欠乏性疾患かもしれません。

また、小さい子どもが鉄不足になると、基礎体温が低下したり、免疫力が落ちたり、発達が遅れたりします。

母体の鉄分不足は、未熟児出産や母体の合併症に影響することがありますので、サプリメントで鉄を補って症状を防ぐようにしてください。





















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。