統合失調症の方の周囲への理解について


先日、私のところに、こんなお悩みが寄せられました。

そこで幅広く統合失調症の方のお悩みを解消する手助けになるようにQ&A形式で、そのお悩みにお答えしたいと思います。

Q 現在、統合失調症で、A型事業所に通っているものですが在宅での仕事に切り替えたいです。

 実際に在宅で仕事している人も何人かいます。

 理由は朝起きると毎回会社に行きたくなくなって休んでしまう日が多いです。

 会社で何かあったとかではないのですがスタッフには、どういう風に話せば認めてもらいやすくなるでしょうか?


A 大丈夫です。

 A型事業所などのような作業所は、あなたの、ご病気のことを十分理解してくれていますので七まま法で、あなたの心を開きま 
 しょう。

 七まま法とは眼=見えたまま、耳=聞こえたまま、鼻=匂ったまま、舌=味わったまま、皮膚=感じたままの五感のままに、       
 更に意=過去や思いや感情や欲求や衝動や懸念や動機などの自己のあらゆる経験を、あるがまま・浮かぶまま・感じたまま・ 
 考えたまま・出したいように言語化するのです。

 このようにしてその時の意識や感情を素直に出せ真の自分になれます。

私も以前、統合失調症を患っていて(今は寛解に至ったのですが*かんかいとは?注釈1)作業所に通っていて似たような経験があるのですが、この七まま法で、きちんと伝わり聞き入れてもらえました。

ちなみに、この七まま法は私が重度の統合失調症を患っていた時にお世話になったカウンセラーの先生に教えてもらった方法です。

ぜひ、この方法でスタッフの方に、あなたの想いを打ち明けてみて下さい。

きっとスタッフの方も受け入れてくれるはずです。

*注釈1 寛解とは? 全治までとは言えないが、症状が治まって穏やかであること。























 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。