本格的な夏が来た時の為に、涼を取る避難場所を決めておく事


まだまだ梅雨本番で、梅雨前線が日本の太平洋沿岸に停滞し続けている状況なので、これから先にやってくる恐ろしい季節の事をすっかり忘れているかも知れません。

梅雨時の気温は上がっても30℃程度で済んでいる地域が多いですが、梅雨明け後はまさかの34℃以上になる日々がやって来るので、今からでも対策をし始めて欲しいと思います。

対策と言われましても、一体何をしたら効果的なのか?と考えてみたけど良く分からないと言う人に提案しますが、外に出かけている時や家の中で暑くて仕方が無い時に、いつでも涼しい涼を取るための避難場所を設定しておくのがお勧めです。

凄く暑い気温の時に家のエアコンをフル稼働させていると、ちょっと将来的に電気代が気になるわ~と言う場合は、大型ショッピングモールなどに出かけて行ってその建物全体を冷やしている冷風に当たりに行くのです。

ショッピングモールではついでに買い物も出来てまった~り過ごして涼しくなって、更に電気代の節約にもなるのでかなりお得な気分になれると思います。

そう言った店を2~3軒決めておくと、いざ!暑くて避難~と言う時に非常に便利なので、近隣にどんな避難しやすそうな店があるかチェックしてみて欲しいですね。

ただ、ショッピングモールは無料で入れるとは言え何か買い物しないと後ろめたい気持ちになるかもしれないので、特に買い物をしなくてもじっくりと涼める図書館などに行くのもお勧めです。

本を読むために図書館に行って、本を読んで涼しくなって居れば良いので、お金を使わずに涼しくなりたい人にお勧めです。

と言う感じで、これから来る猛暑への備えはいくらあっても足りなくなる事は無いと思うので、涼を取る避難場所や涼しいアイテムなどは早めに準備しておくと良いでしょう。

























コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。