髪の毛は何歳になっても改善出来るので、薄毛を改善出来るなら改善した方がイイ


もう自分の髪は老化で抜けて将来はハゲる運命なんだ~と言って、老化と言う状況を甘んじて受け入れてしまっている人は結構多い気がします。

確かに男女とも、老化が進むと抜け毛が増えて髪が薄くなってしまう運命なのかも知れませんが、出来ればその老化に逆らって若いフサフサの髪の状態を維持していって欲しいですね。

実は髪は、ちゃんとケアし続けていれば割といつまでもフサフサを保てるので、時々結構なお歳をしているお年寄りの人の中にも、未だに髪をフッサフサに保ち続けている人も居るので、是非見習って頂きたい次第です。

でもどうやったら薄毛ぬならない様に仕向けるのか分からない、育毛剤を使うしか無いのか?と思っているかも知れませんが、かなりのお歳なのにフサフサの人は育毛剤などは一切使わずにその髪の量を保っている場合が多いのです。

その方法と言うのが頭皮マッサージで、毛根にしっかり栄養が行き渡る様に頭皮を柔らかくして行くのです。

実は抜け毛が増えて禿げてしまう現象の原因の多くは、老化でも何でも無くて頭皮が凝り固まっている所為だと考えられています。

老化して頭皮が硬くなってしまうから髪が抜けてしまって、それで禿げるのは老化現象だと思っている人が多いのですが実際は、頭皮をしっかりほぐして柔らかく保ち続けていれば、抜け毛を防いでハゲる状況にならずに済むのです。

これこそが薄毛やハゲの改善につながるので、セッセと育毛剤ばかり使っている人は使うのを止めて、じっくりと頭皮をほぐして柔らかくなる様にマッサージしていって欲しいですね。

そうしていつしか結構なお歳なのにフサフサね!と言われる髪になる様に、頑張って欲しいと思います。





















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。