どうしても食事制限してても痩せられない人は、食事をするタイミングをお腹が減ったな?と思った時にする


夏になると何故か多くの人がダイエットに勤しんでいる所を見かけますが、特に食事制限をして痩せようとしている人はかなり大変そうに見えます。

それもその筈、夏は気温と体温がかなり近い温度なので、身体の中で体温と気温との間を埋めるべくエネルギーを燃焼しようとしてくれない事から、それで食べたら食べた分だけ脂肪などになって身体に変換されて行くのです。

なので、特に何か食事に気を付けていないとドンドン太ってしまいやすくなるので注意して見てください。

そんな中でも、どうしても痩せて行きたい!と思っている人は、食事をするタイミングを変えるのがお勧めです。

特に食事制限をしてダイエットをしている人に向いているのですが、そのタイミングを変えて食事をするそ方法は、お腹が空いた!と感じてから食事をして行くと言う方法です。

お腹が空いたと思わないうちに食事をしたり間食をしてしまうと、まだ腸内に吸収しきれてないエネルギーがあるのにもう新しい食べ物が入って来て、身体の中の余剰栄養が飽和状態になってしまうのです。

この状態になるともう、栄養は身体の中に蓄積していくしか無い状況になっているので、ダイエットどころかデブ活をしているのかな?と言う状態になっていると思った方が良さそうです。

原始の人類の様にお腹が減ってから食事や間食をする様に心掛けると、おのずと体重も徐々に減って行くので、夏場のダイエットでなかなか痩せないで悩んでいる人は食事のタイミングを腹減りの時にする様にして行きましょう。



















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。