日本製の不織布マスクの方が、薄くて軽い素材を使っている?


ここ最近は急激にマスクが普通にスーパーでも買いやすくなってきましたが、大抵のマスクの多くが中国の向上で作られたマスクの様な気がします。

メイドインチャイナと記載されているマスクの殆どが、何やら不織布が全体的に厚手で、暑い中で着けていると暑さや蒸れで熱中症の危険を感じるのです。

なので、今手持ちのマスクが全部中国産だと言う人は、マスクを着けるシーンを考えて使って行くしか無さそうです。

一方、日本製と書かれているマスクもそこそこ見かけるようになりましたが、日本製のマスクの中には今の季節にマッチした薄手の不織布で作られているマスクが主流になっている様です。

薄くて軽い生地なので、他のマスクをしている時には感じられなかった呼吸のしやすさを実感出来るのです。

マスクをしているのに全然蒸れなくてしかも暑さで呼吸が苦しくなる様な感覚も無いそうなので、暑い屋内で作業する仕事にお勤めの方や外でもマスクを着用する事を推奨されているお仕事をされている方は、日本製のマスクを使ってみると良さそうです。

でも、近くのスーパーには日本製のマスクは置いていないと言う場合は、近隣の大きめのドラッグストアを回ってみたりしてみるのもお勧めです。

ただ、中には不織布マスクが苦手で布マスクをしている人も居るかも知れませんが、手作りで自分で作ったマスクをしている人の中に、もう少し通気性が良く爽やかな生地でマスクを作りたいと思っている人は、竹繊維で作った布地でマスクを作るとかなり爽やかで良い感じになるそうなので、夏マスク生地を探している人は是非「竹繊維の布地」を探してみてください。

まだまだコロナの感染のリスクが高い地域もありますので、マスクとはより良い関係を築いて行くと良いでしょう。











本格的な夏が来た時の為に、涼をとる避難場所を決めておく事


まだまだ梅雨本番で、梅雨前線が日本の太平洋沿岸に停滞し続けている状況なので、これから先にやってくる恐ろしい季節の事をすっかり忘れているかも知れません。

梅雨時の気温は上がっても30℃程度で済んでいる地域が多いですが、梅雨明け後はまさかの34℃以上になる日々がやって来るので、今からでも対策をし始めて欲しいと思います。

対策と言われましても、一体何をしたら効果的なのか?と考えてみたけど良く分からないと言う人に提案しますが、外に出かけている時や家の中で暑くて仕方が無い時に、いつでも涼しい涼を取るための避難場所を設定しておくのがお勧めです。

凄く暑い気温の時に家のエアコンをフル稼働させていると、ちょっと将来的に電気代が気になるわ~と言う場合は、大型ショッピングモールに出かけて行ってその建物全体を冷やしている冷風に当たりに行くのです。

ショッピングモールではついでに買い物も出来てまった~り過ごして涼しくなって、更に電気代の節約にもなるのでかなりお得な気分になれると思います。

そう言った店を2~3軒決めておくと、いざ!暑くて避難~と言う時に非常に便利なので、近隣にどんな避難しやすそうな店があるかチェックしてみて欲しいですね。

ただ、ショッピングモールは無料で入れるとは言え何か買い物しないと後ろめたい気持ちになるかもしれないので、特に買い物をしなくてもじっくりと涼める図書館などに行くのもお勧めです。

本を読むために図書館に行って、本を読んで涼しくなって居れば良いので、お金を使わずに涼しくなりたい人にお勧めです。

と言う感じで、これから来る猛暑への備えはいくらあっても足りなくなることは無いと思うので、涼を取る避難場所や涼しいアイテムなどは早めに準備しておくと良いでしょう。